上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
謹啓

本日は、本作品の関係者様および応援して頂いていた方々へ、謝罪を行わせて頂きたい気持ちで、メッセージを伝えさせていただきます。

このたび、委託者様・制作協力者様の方々・応援をして下さった皆様へ、疑問や不快感を感じさせてしまうような状況を生み出してしまい大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。

そして、本作品の海外販売の中止に関する情報が公開された際に、すぐに皆様に対してお詫びが行えなかったこの数ヶ月の間、関係者の方々やご応援をして下さった皆様のことを忘れていたわけではありません

本来であれば、その場で謝罪を行うべきだったのですが当方にいたらないところがあり、対応が遅れてしまいました。

皆様へ、疑問を感じさせるような状態を、今にでも謝罪をしたいと感じておりながら、この間、本作品の販売が中止となるということで、様々な対応に追われており、すぐにその場で謝罪できないかたちとなってしまいました。

長い期間の対応の遅れが、皆様へ疑問を感じさせる原因の端緒を作成する結果をまねいてしまったとその点に関しても深く反省しております

今後の活動について

当初、海外で販売することとなっておりました本作品は、現状では困難な状況となりました。
この状況を踏まえた上で、続編を継続して制作するべきなのか、制作関係者の方々と話し合いを行い、皆様のご意見を真摯に受け止めたうえで、当方としては、今後も制作を続けるという道を選択致しました。

完成時期は目処が立ち次第ご報告を行わせて頂きたいと考えております。

最後に、2度と、関係者の方々やご応援をして下さった皆様へ、疑問や不快な感情を抱かせてしまう状況を生み出さない様、細心の注意を払うと同時に、今後も一生懸命頑張りますので、宜しくお願いいたします。

敬具
スポンサーサイト
お久しぶりです

電子書籍での久しぶりの予告更新です


今回は、新キャラクターゾフィアの過去からスタートしていますが

メインキャラクターの過去編も今後進めていきたいと思います。




前回までの内容から第2章への予告です


ラノベ02d




  孤立した少女

耐え難い苦痛の中、彼女の前に1人の希望が現れる

それはお互いにとっての支えであり、生きる為の僅かな光だった…





第2章は9月末に公開予定です
WAS~レピドプテラの砂時計~ 電子書籍版の番外編公開を開始致しました!

第1章 22ページ 1ページ挿絵有り (表紙を含め全26ページ)

予告に関してはこちらから

http://srl2012.blog.fc2.com/blog-entry-79.html

今回、初めて電子書籍にチャレンジしましたが、使い方がよく分からず頭から煙が・・・


そんな感じで、見づらい面があるかもしれませんが続編公開まで定期的に行っていきますので興味本位でも見て頂けると幸いです


ゾフィア運命の分かれ道』 Schwarz著





詳しい説明は以下の面と、画像のようにPC版では見開き

http://support.bccks.jp/faq/use_embed_reader/

らのべ1


スマホ版ではそのまま矢印を押してもらえれば読める様になっています。

(スマホ版は若干文字の配置が崩れて読みづらいかもしれません。。。)

         らのべ2


次回は9月末頃を予定しております

久しぶりのブログ更新ですが、猛暑の時期に入って大変ですね。


思えば、同人ゲームをコミケで出してからもう1年が経過しようとしています。。。

残念ながら今年のコミケには予想外の事が多く、出られそうにありませんが


この度、昨年販売をした同人ゲーム「WAS~レピドプテラの砂時計~」の続編製作に伴い番外編ライトノベル形式の公開を開始する事に致しました

番外編に主要メンバーは出てきませんが、続編にて登場する複数の新キャラクターの過去に関する内容から公開していきたいと思っています。


今回登場するキャラクターは「ゾフィア」

              IMG_STD_chr15a_01.png


舞台は戦時中から戦後にかけて(WAS設定)のルーマニア



彼女は何故この世に生まれてきたのか。

予告2

彼女にとっての家族とは、愛とは何なのか。

予告3




独裁政権下の中で生まれた彼女の生い立ちから始まる、少し暗いお話です。


予告fix1ブログ用



時代概要の背景


「女性は5人以上子供を産むべし」

国力を手短に早くあげるためには国の人口を増やせばいいと考えたチャウシェスク政権は、女性に5人以上子供を産むことを強要。
女性の避妊と中絶を禁止し、違反したもの、従わないものを厳しく取り締まった。

子供を産んでも経済的に育てられない親が子供を捨て、何万人もの捨て子が餓死寸前で孤児院に収容された。
栄養補給のために輸血が行われたが、その血液の中にはエイズウィルスが潜んでおり、結果エイズの子供たちが街にあふれることとなる


こうした人口政策で発生した孤児たちは「チャウシェスクの落とし子」と呼ばれ、ストリートチルドレン(路上生活)化していく。


公開は8/10からを予定しています。


現在も製作中ですが、公開される予定の続編をプレイする前に、新キャラクターの魅力も是非ご覧になって下さい
現在、SRLはHPを改装中ですが、それを含め
バナーを拡散して頂ける告知支援者を募集しています

今の時点ではどのようなお返しが出来るかまだ色々と検討段階ですが

バナーの設置だけでもして頂ける方は是非よろしくお願い致します


             320×100Ⅱ


             320×100


             320×100Ⅲ


PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。